俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2015年11月

30日(月)

腹の虫なれば言わずと冬日和

輪唱することも。

はらのむし なればいわずと ふゆびより
季語=冬日和
※気持ちよく晴れた冬のひよりのこと。それだけでほっとします。
※あすから12が~つ。きょうもありがとうございます。

29日(日)

冬麗や記号化されし肩並べ

マイナンバー届きましたよ。

とうれいや きごうかされし かたならべ
季語=冬麗
※寒さの中にも春を思わせる晴れやな日をいいます。
※冬麗と書いて「ふゆうらら」とも読ませます。
※良くも悪くも。きょうもありがとうございます。

28日(土)

真っ新な遣り切れなさにマスクして

風邪予防として。

まっさらな やりきれなさに ますくして
季語=マスク
※寒くなると風邪が流行ることから冬の季語となっています。
※今やマスクも多機能だから。きょうもありがとうございます。

27日(金)

落葉踏むざくざくとした不安にて

自由は不安で、不安こそが自由とか。

おちばふむ ざくざくとした ふあんにて
季語=落葉
※ここ数日の雨ですっかり落葉した木もちらほら。
※風で落葉を吹き飛ばすあの工具、「ブロワ」と呼ばれるものらしい。
※冬うらら。きょうもありがとうございます。

26日(木)

木枯も我が身可愛さなりにけり

布団から這い出るのが
むずかしくなってきた。

こがらしも わがみかわいさ なりにけり
季語=木枯
※木を枯らすほどの激しい風という意味です。
※北西寄りの強風で、厳しい冬のはじまりを告げる季節風です。
※雨のち曇り、満月。きょうもありがとうございます。

25日(水)

折々のチラシあふれし枇杷の花

夏に実がなり、冬に花を咲かせます。

おりおりの ちらしあふれし びわのはな
季語=枇杷の花
※ビワの実は美しい色をしていますが、花は葉に隠れてほぼ目立たない。
※似ても似つかないが、ビワはバラ科の常緑樹。
※密集する白い小花を寒さから守るかのように、褐色の短い毛がそのまわりをもこもこと覆っています。だからなおさら目立たない。
※花期は晩秋から初冬。香りがよく残る虫をよく集めます。
※真冬か!と思うような一日。きょうもありがとうございます。

24日(火)

優劣を泳ぎ切りしが鯛焼で

同じ餡子でも、
和菓子屋さんには置いてないですね。

ゆうれつを およぎきりしが たいやきで
季語=鯛焼
※今川焼から派生したもので、はじまりは明治時代といわれています。
※たい焼きはたい焼きだね。きょうもありがとうございます。

23日(月)

急かされて山道くだる藪柑子

庭園や盆栽、正月のお飾りなどで、
なんとなく見慣れているつもり。

せかされて さんどうくだる やぶこうじ
季語=藪柑子
※日本中の山林に自生する。木陰ややぶを好みます。
※つややかな常緑樹で、晩秋から冬にかけて赤い実をつけます。
※地下茎を伸ばして繁殖するのだとか。
※夕暮れがはやいからさ。きょうもありがとうございます。

22日(日)

人に酔い紅葉の色の染まりゆく

高尾山の紅葉を見に。
まだ少し早かったかもしれない。

ひとによい もみじのいろの そまりゆく
季語=紅葉
※とにかく人出がすごかった。きょうもありがとうございます。

21日(土)

妙なことあっけらかんとカリフラワー

長いことキャベツ畑だと思い込んでいたところは、
じつはカリフラワーの畑でした。

みょうなこと あっけらかんと かりふらわー
季語=カリフラワー
※キャベツの変種であるブロッコリーの、さらに突然変異がカリフラワーだといわれています。
※ブロッコリーと同じく明治時代には渡来していたそうですが、ごく身近な野菜となったのはやはり戦後から。
※食用する白い部分は小さなつぼみの集合体。花蕾(からい)という。
※刈りとるまで大きな葉に包まれていて、ほぼその姿は見えません。
※俳句では花椰菜(はなやさい)と呼んでいます。
※記載のない季語集も。きょうもありがとうございます。

20日(金)

蔦紅葉たぐりよせるは西の風

木枯しの時期だけど。

つたもみじ たぐりよせるは にしのかぜ
季語=蔦紅葉
※ブドウ科のつる性落葉木本。「もくほん」と読みます。
※ツタは草のようでいて、じつは木なんです。
※ツタには紅葉するものと常緑のもの、2つの種類あります。
※錦蔦や紅蔦という美しい呼び名もあります。
※晴れるといいな。きょうもありがとうございます。

19日(木)

くれぐれもと書き添えてみし忘れ花

春のようだけれども、
ときどき吹く風はやっぱり冷たい。

くれぐれもと かきそえてみし わすればな
季語=忘れ花
※返り花(帰り花)のこと。
※春の花が春と勘違いして二度咲きすること。ここ数日のような暖かい日の続く初冬によくある現象です。
※街中で見ることのできるのは、桜、つつじ、たんぽぽなどでしょうか。
※その他、山吹や藤、梨や杏なども二度咲きすることがあるそうです。
※たんぽぽがちらほら。きょうもありがとうございます。

18日(水)

日和見やあわてふためきセロリ噛む

セロリはストレスに良いらしいよ。

ひよりみや あわてふためき せろりかむ
季語=セロリ
※原産はヨーロッパ、西アジア、インドなど。
※旬という感覚はありませんが、美味しいのは11月~5月なのだとか。
※セロリの渡来は意外に古く、秀吉の時代に加藤清正が朝鮮から持ち帰ったといわれています。
※クセの強い野菜のため、広く普及したのは戦後のことです。
※イライラなどのストレスに効果ありとされるのは、あの独特の香り。
※たまに食べたくなります。きょうもありがとうございます。

17日(火)

ちっぽけな男のとなり柿落葉

柿紅葉には、ひと葉ひと葉に、
美しい模様があります。

ちっぽけな おとこのとなり かきおちば
季語=柿落葉
※たいていは、落葉になってから、気づくのかも。
※都心部に暮らす人にとっては、柿の木は桜の木ほどに身近かもしれない。
※柿の葉には殺菌効果があるそうで、それを利用したのが柿の葉ずし。
※何ごとも多様であればこそだ。きょうもありがとうございます。

16日(月)

冬めきてふいに置き去りとなるゆめ

街路樹の落葉掃きは
なかなか大変そう。

ふゆめきて ふいにおきざり となるゆめ
季語=冬めく
※徐々に冬らしくなってきたことをいいます。初冬の季語。
※カエデの仲間とか。きょうもありがとうございます。

15日(日)

小春日や賞味期限の生卵

おだやかに晴れわたる日は、
優しい気持ちになるもの?

こはるびや しょうみきげんの なまたまご
季語=小春日
※立冬すぎの春のような日和を小春、小春日、小春日和と呼びます。
※小六月はとくに汗をかくような日のことをいうようです。
※だいたい11月中旬から12月上旬くらいまでのこと。
※昨日とは打って変わっての青空。きょうもありがとうございます。

14日(土)

道筋を違えてしぐれまたしぐれ

しぐれる日が増えて、
景色は冬へと移り変わって行きます。

みちすじを たがえてしぐれ またしぐれ
季語=時雨
※しぐれは通り雨のことで、ぱらぱらと降っては止んでを繰り返します。
※時雨らしきものは1年中ありますが、季語としてはやはり冬。
※晩秋から初冬に多い雨です。
※朝から冷たい雨。きょうもありがとうございます。

13日(金)

茶の花や咲けば咲いたで淋しという

ひねくれているわけでも、
わがままなわけでもないらしい。

ちゃのはなや さけばさいたで さみしという
季語=茶の花
※ツバキやサザンカによく似た花。ツバキ科の花。
※白い小花に厚く束ねた金色の蘂が特長的です。
※茶畑だけでなく観賞用や垣根などでもよく見る花です。
※「わび」「さび」ばかりではなく、「冷え」「痩せ」「からび」まで感じさせるような花なのだとか。
※茶道にはまったくの無知でして。きょうもありがとうございます。

12日(木)

ふくよかに銀杏黄葉の息づかい

冬に向かう準備のはずが、
イチョウの黄色は豊かにみえる。

ふくよかに いちょうもみじの いきづかい
季語=銀杏黄葉
※仏教伝来とともに中国より日本にもたらされたといわれています。
※銀杏並木もまもなく黄金色。きょうもありがとうございます。

11日(水)

しくじりはとうに忘れし石蕗の花

光るような黄色い花に、大きな濃緑の葉。
(どことなく、なにげなく、アンバランスな花)

しくじりは とうにわすれし つわのはな
季語=石蕗の花
※岩場などによく咲き、葉が蕗(ふき)に似ていることからこの名があります。「つわぶき」とも読む。
※キク科の常緑多年草。花の少なくなる初冬に観賞用として好まれます。
※天気によっては寒々とも見え。きょうもありがとうございます。

10日(火)

短日や愚痴のひとつも言いそびれ

雨の日は驚くほど
夜になるのがはやいよ。

たんじつや ぐちのひとつも いいそびれ
季語=短日
※立冬から冬至に向かってしだいに日暮れがはやまります。
※今年も残りわずか‥‥という声が、ちらほら聞こえはじめました。
※気づけば「や」切りが続いてる。きょうもありがとうございます。

9日(月)

山茶花や遠慮はしまいとまた遠慮

椿よりは花も葉もやや小ぶり。

さざんかや えんりょはしまいと またえんりょ
季語=山茶花
※似ているのも当たり前で、同じツバキ科の常緑樹。
※あまりに似ているので、漢名でいうところの椿の名「山茶」を誤って付けられたといわれています。
※サザンカはツバキと異なり花びらに厚みがなく、1枚ずつ散ります。
※はらはらと。きょうもありがとうございます。

8日(日)

ありようや雑木紅葉のかきくけこ

雑木紅葉の対は、名木紅葉。
「めいぼく」ではなく、
「なのきのもみじ」と読みます。

ありようや ぞうきもみじの かきくけこ
季語=雑木紅葉
※雑木林などの名もない木々のモミジを雑木紅葉といいます。
※名木紅葉とは、たとえば蔦紅葉、柿紅葉、満天星紅葉、銀杏黄葉など、固有名詞を付けて呼ぶとくに美しいモミジの総称です。
※一般的に「もみじ」イコール「かえで」となったのは、江戸時代以後のことなのだとか。
※それぞれの立冬。きょうもありがとうございます。

7日(土)

情念にふれし満天星紅葉かな

悲喜交々すべてに
ありえること。

じょうねんにふれし どうだんもみじかな
季語=満天星紅葉
※植え込みや生け垣に多いドウダンツツジのモミジ。
※まるで濁りのないような赤で、見事に美しく紅葉します。
※他の木々よりもひと足早く、まるで一気に染まるかのようです。
※昭和記念公園が紅葉の見ごろ。きょうもありがとうございます。

6日(金)

しゅりしゅりと鼻をくねらせ銀杏の実

桃栗三年、柿八年といいますが、
銀杏の木は25年。
初めて実をつけるまでに、
ひじょうに長い月日がかかります。

しゅりしゅりと はなをくねらせ いちょうのみ
季語=銀杏の実
※イチョウは梅のような実をつけます。黄色く熟すとぽとりと落ちる。
※強烈な匂いを放つのは丸い実の部分(正確には外皮)で、ギンナンはその中にあります。
※晩秋という感じです。きょうもありがとうございます。

5日(木)

青々と眺めくしゃみす秋の蝶

今どき、
せわしく舞うのは
小さな蝶ばかり。

あおあおと ながめくしゃみす あきのちょう
季語=秋の蝶
※空が青かったから。きょうもありがとうございます。

4日(水)

とろとろと煮詰めて外は初紅葉

日当りのよいところは
紅葉が早いのかもしれない。

とろとろと につめてそとは はつもみじ
季語=初紅葉
※色付きはじめたばかりの紅葉のこと。
※柿の葉はまだ青々。きょうもありがとうございます。

3日(火)

皮肉屋の皮肉に終わる文化の日

おめでとうございます。

にひくやの ひにくにおわる ぶんかのひ
季語=文化の日
※もともと11月3日は明治天皇の誕生日。天皇誕生日を祝う祝日、明治節というものでした。
※終戦の翌年に現在の「文化の日」と制定されました。
※その主旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」というもの。
※皇居では文化勲章が授与され、巷では文化祭や芸術祭などが催されます。
※だから「文化の日」。きょうもありがとうございます。

2日(月)

末枯れて身に余りしと思い知り

「すえがれ」と読みがちですけどね。

うらがれて みにあまりしと おもいしり
季語=末枯
※草木はその先端から枯れはじめます。
※秋のあわれ。きょうもありがとうございます。

1日(日)

片時も離れず桜紅葉かな

都心に多いサクラですが、
美しく紅葉することは少ないのかも。

かたときもはなれず さくらもみじかな
季語=桜紅葉
※紅葉するのも早いが落葉も早いのがサクラモミジの特徴です。
※サクラ特有の薄い葉は、いったん褐色になってから赤くなります。
※赤くならずに終わることが多いかも。きょうもありがとうございます。