俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2016年2月

29日(月)

二月尽く持て余すならざらざらと

犬の毛を逆なでするような感じ。

にがつつく もてあますなら ざらざらと
季語=二月尽く
※「尽く」は終わりという意味。まもなく春本番を迎えます。
※4年に一度のうるう年とて、とくべつな実感はないな。
※沈丁花が咲きはじめた。きょうもありがとうございます。

28日(日)

気怠さと機嫌のよさと枝垂梅

しだれていても、さして、
やわらかな感じはしない。

けだるさと きげんのよさと しだれうめ
季語=枝垂梅
※梅見かな。きょうもありがとうございます。

27日(土)

親しみも斜め上なり猫柳

少しばかり、近づきがたいひとって、
いますよね。

したしみも ななめうえなり ねこやなぎ
季語=猫柳
※柳の一種。花穂に猫のような銀色の毛がある。
※ひらめくような艶があり目立ちます。枯木の中にあってはなおさら。
※全国の川辺に自生していることから、江戸時代までは川柳(かわやなぎ)と呼ばれていたそうです。
※どこにでも。きょうもありがとうございます。

26日(金)

まんさくや応援する人しない人

遠目には、地味な花かもしれません。

まんさくや おうえんするひと しないひと
季語=金縷梅
※裸木に細くちぢれた黄色い花が群がり咲く。とても印象的です。
※例えるなら、リアリーダーが手にするボンボンのようなカタチ。
※各地の山に自生しますが、観賞用の庭木としても。
※「先ず咲く」が転じて「まんさく」と呼ばれるようになったとか。
※人の名前のようだ。きょうもありがとうございます。

25日(木)

くつがえすあっけらかんと春の雪

朝、わずかに積もった雪が見えました。

くつがえす あっけらかんと はるのゆき
季語=春の雪
※春になってから降る雪のこと。
※降っても長く残ることがないので淡雪とも呼ばれています。
※結晶どうしがまとまる牡丹雪となりやすい。牡丹雪も春の季語。
※凍らなくてよかった。きょうもありがとうございます。

24日(水)

少年の顔してあるく余寒あり

あまりに寒いと、足早になる。

しょうねんの かおしてあるく よかんあり
季語=余寒
※春寒し、残る寒さとほぼ同じ。
※残暑の対語だけに、迷惑と思う気持ちが含まれているようです。
※春は一進一退。きょうもありがとうございます。

23日(火)

広辞苑ひらひらめくる梅真白

辞書の紙は、むしろ黄色い。

こうじえん ひらひらめくる うめましろ
季語=白梅
※野の梅、「野梅」と書いて「ヤバイ」と読みます。見たことないけど。
※見ごろかも。きょうもありがとうございます。

22日(月)

如何ほどの知恵を欲せし春の水

自分の心と頭で考えないと。

いかほどの ちえをほっせし はるのみず
季語=春の水
※本意は雪解けや雨で、川などの水量が増している様子。
※または水が温んできた様子をいいます。
※風呂の残り湯ですら真冬とは明らかに違います。
※淡水全般、海水は含まない。きょうもありがとうございます。

21日(日)

夕焼けと近しくなりぬ春の塵

夕日が、まっすぐで、まぶしい。

ゆうやけと ちかしくなりぬ はるのちり
季語=春の塵
※春は埃や塵が立ちやすい季節だとされています。
※冬は雪が降り霜が立つから土が湿っていることが多い。
※風の強い一日。きょうもありがとうございます。

20日(土)

突いても押しても春の雨ならん

休日の傘はうっとしい。

つついても おしてもはるの あめならん
季語=春の雨
※春に降る雨すべてを指します。
※春雨(はるさめ)と呼ばれるものは、2月末から3月に降る暖かな雨。
※寒いときは寒い。きょうもありがとうございます。

19日(金)

紅梅や甲乙丙丁水に浮く

早いものはとっくに咲いている。

こうばいや こうおつへいてい みずにうく
季語=紅梅
※紅梅は白梅に遅れて咲くためか、独立した季語として存在します。
※早いものは早く、遅いものは4月にならないと咲かない。
※たんに梅といえば俳句では白梅を指します。
※開花時期はそれぞれ。きょうもありがとうございます。

18日(木)

うっすらと調うまでの春の雲

青空といえども、それとなく白っぽい。

うっすらと ととのうまでの はるのくも
季語=春の雲
※やわらかそうな雲です。きょうもありがとうございます。

17日(水)

椿より白い欠伸のこぼれおり

メジロは、ウグイスではない。

つばきより しろいあくびの こぼれおり
季語=椿
※ツバキの受粉は虫ではなく、メジロなどの小鳥が媒介となります。
※花ごと落ちて、また咲いて。きょうもありがとうございます。

16日(火)

たのしげな人をひきよせ花ミモザ

空が青ければ、輝いてみえる。

たのしげな ひとをひきよせ はなみもざ
季語=花ミモザ
※黄金色の球状の花を細い枝に無数に付けます。
※アカシアの一種で、「銀葉(ぎんよう)アカシア」とも呼ぶ。
※とにかく明るい。きょうもありがとうございます。

15日(月)

蕗の薹浮かれすぎればほろ苦く

春を告げる山菜。

ふきのとう うかれすぎれば ほろにがく
季語=蕗の薹
※早春の味覚で、開花前のものを摘み取り食します。
※本来、山菜の苦みやえぐみは外敵から身を守るためのもの。
※ふきのとうは苦みを味わう。きょうもありがとうございます。

14日(日)

友選ぶことあり春の風まとう

選り好みはあって当然だ。

ともえらぶことあり はるのかぜまとう
季語=春の風
※春一番が吹いて、びっくりの夏日!
※バレンタインデーだし。きょうもありがとうございます。

13日(土)

近づけば思いもよらぬ春あらし

日中には半袖姿の人もいたけれど。

ちかづけば おもいもよらぬ はるあらし
季語=春嵐
※春先のとくに激しい風のこと。雨になることが多い。
※真夜中に暴風雨。きょうもありがとうございます。

12日(金)

しぼられて赤い根っこのほうれん草

本来はアクの強い野菜。

しぼられて あかいねっこの ほうれんそう
季語=ほうれん草
※忘れがちですが、旬は初春。
※緑黄色野菜の中でもとくに栄養価が高いといわれています。
※赤い根の部分は骨の形成に欠かせないマンガンが豊富とか。
※元気のでない人に。きょうもありがとうございます。

11日(木)

パンの耳残し建国記念の日

主観の混ざっていない
客観などあるはずもない。

ぱんのみみのこし けんこくきねんのひ
季語=建国記念日
※昭和44年(1969年)に実施された国民の祝日。今から47年前。
※約半世紀。きょうもありがとうございます。

10日(水)

好きなものただただ並べ冴え返る

考えの甘さに
いつか驚くのかも。

すきなもの ただただならべ さえかえる
季語=冴え返る
※真冬の寒気が戻って来ること。
※わずかに気の緩む頃のぶり返しは心身ともにこたえます。
※北風が寒い。きょうもありがとうございます。

9日(火)

つつがなしどこながめても春浅し

沈丁花の芽が主張しはじめました。

つつがなし どこながめても はるあさし
季語=春浅し
※立春後。暦上の春はまだまだ寒い。
※「つづがない」は、息災であるという意味。
※早春は二月いっぱい。きょうもありがとうございます。

8日(月)

留守電のなかにわずかに梅二月

留守電よりメールの方が、
今どきはずっと便利なんだけど。

るすでんの なかにわずかに うめにがつ
季語=梅二月
※立春(寒明け)から次第に春らしくなって行く季節。
※ただ寒中より寒い。きょうもありがとうございます。

7日(日)

のんびりとかまえて強し炭火かな

材質が堅いものほど、
良質な炭になるのだとか。

のんびりと かまえてつよし すみびかな
季語=炭火
※昔の暖房器具には必要不可欠な燃料でした。
※今では囲炉裏や茶事、身近なところでは焼き肉店の七輪などで。
※炭はナラやカシなどの枝や幹を材料に作られます。
※冷蔵庫の脱臭も炭のちから。きょうもありがとうございます。

6日(土)

春菊の話せばわかるなどは嘘

キクナとも呼びます。

しゅんぎくの はなせばわかる などはうそ
季語=春菊
※地中海沿岸が原産のキク科の緑黄色野菜。
※葉の独特の香りが、鍋やおひたしなどに好まれます。
※栄養価が高く、胃腸の働きを良くする働きがあるといわれています。
※観賞用としても栽培されるようです。かわいらしい花。
まあ見てみて。きょうもありがとうございます。

5日(金)

立春やすぐに見つかるかくれんぼ

笑い出したくなるから、向いていない。

りっしゅんや すぐにみつかる かくれんぼ
季語=立春
※陰暦では立春(陽暦の4日か5日)が1年のはじまりでした。
※立春大吉。きょうもありがとうございます。

4日(木)

ちかみちを探して迷う梅ほのか

ウメの八重咲きは、
サクラのようにも見えますよ。

ちかみちを さがしてまよう うめほのか
季語=梅
※昼より夜のほうが香るそうです。
※春を告げる花。きょうもありがとうございます。

3日(水)

あるだけの写し鏡の鬼やらう

冬から春に移り変わる日。
とはいえ、この寒さ、うっかり油断はできない。

あるだけの うつしかがみの おにやらう
季語=鬼やらい
※節分の豆まきのこと。
※はじめは大晦日に行われる、邪気を払うための宮中儀式でした。
※室町以降に農村の豊穣を願う行事と一緒になって、今日の豆まきとなったといわれています。
※大昔からの人気行事。きょうもありがとうございます。

2日(火)

まどろみは我いたわりし冬苺

色艶よく粒が大きい。

まどろみは われいたわりし ふゆいちご
季語=冬苺
※冬に熟すイチゴ。自然なものもあり、温室栽培もある。
※まだまだ炬燵の中。きょうもありがとうございます。

1日(月)

黄金色のらりくらりと春隣

冬らしさも、あとひと月。

こがねいろ のらりくらりと はるとなり
季語=春隣
※「春近し」と同じ。身近に春を感じるようになったということ。
※遠しより近し。きょうもありがとうございます。