余白
東京ムネモシュネ 余白
余白
東京ムネモシュネの俳句ストック > 今日の俳句 > 2012年10月
余白
余白
今日の俳句、こうのこうき 余白
余白
感想を送る "この記事をTwitterでつぶやく" 余白
余白 余白
余白
余白
2012年10月
余白
余白
余白
余白
31日(水)
秋深し逃げてどうなることもなし
いろいろとヘンだという自分を、だれがヘンでないと保証してくれるの?
あきふかし にげてどうなることなし
季語=秋深し
※いよいよ冬ですよ。きょうもありがとうございます。
余白
30日(火)
あきらめの悪さもありて紅葉かな
ボスキャラって、どんなものなのだろう、と。
人は見かけによりません。
あきらめの わるさもありて もみじかな
季語=紅葉
※ほんとにそうですね。きょうもありがとうございます。
余白
29日(月)
しばらくは満足してる竜田姫
竜田揚げとは関係あるのだろうか。ないのだろうか。
ないならないでいいけれど、微妙にあるような気もしなくもない。
しばらくは まんぞくしている たつたひめ
季語=竜田姫
※竜田姫は野山を紅葉で彩り粧う女神です。奈良の竜田山が神格化されたのだとか。
※竜田揚げは紅葉の名所として名高い奈良の竜田川に由来するとか、いないとか。
※たまたま見つけたネットの情報を、まるで以前から知っていたかのように・・・・。
※ネットは便利で安易です。でもそれを動かすそれは、途方もなく高度です。
※使い方です。きょうもありがとうございます。
余白
28日(日)
心なしとげとげしくて冬支度
仕事と思えばりっぱな仕事じゃないか。
こころなし とげとげしくて ふゆじたく
季語=冬支度
※朝も寒くなり、夜も寒くなり、昼も曇れば寒くなり。冬の用意をはじめる頃合いです。
※寒がりにとっての冬は。きょうもありがとうございます。
余白
27日(土)
この先もいろいろありて草紅葉
かえでだけが紅葉ではなし、樹木だけが紅葉するわけでなし。
このさきも いろいろありて くさもみじ
季語=草紅葉
※モミジは燃えいずる様子をあらわす「もみいづる」から派生した言葉といわれています。
※世界は広いものね。きょうもありがとうございます。
余白
26日(金)
前置きの長さをはかる蔦もみじ
「さるかに合戦」くらいなら、そらで話すことができると思ったのですが。
まえおきの ながさをはかる つたもみじ
季語=蔦紅葉
※「蔦」だけでも秋のモミジを指す季語となっています。
※それだけツタモミジが美事ということなのでしょうね。
※だろうね。きょうもありがとうございます。
余白
25日(木)
すっきりと信じ切れない梅擬
辞典をよくよく見ると
モドキには「張り合う」という意味がありました。
すっきりと しんじきれない うめもどき
季語=梅擬
※真紅の実を鑑賞する庭木として親しまれています。
※その実は野鳥たちの大好物でもあるそうです。
※花ではなく枝や葉がウメに似ているからウメモドキなのだとか。
※ウメと張り合っているのは何なのか。きょうもありがとうございます。
余白
24日(水)
つぶやきのあれこれありぬ秋の暮
楽天的というだけで、どれだけ心強いか。
つぶやきの あれこれありぬ あきのくれ
季語=秋の暮
※現在では「秋の暮」といえば、秋の夕暮れを意味します。
※いつの頃からか、秋の季節が暮れるという感覚は通じにくくなったのでしょうか。
※夜がそこそこ寒くなり・・・・。きょうもありがとうございます。
余白
23日(火)
二次元にはりついている秋時雨
「何もしないよりはいい」と「何もしない方が無難」
うまく折り合いが付くわけないですよね。
にじげんに はりついている あきしぐれ
季語=秋時雨
※さっきまで晴れていたのに、急にぱらぱらと雨が降り出すことがあります。しばらく降り続くのかと思えば、いつの間にか晴れて、また降り出す。
※これが本来の「しぐれ」と呼ばれるもので、京都など山に囲まれた土地で多く見られる現象なのだといいます。
※現在では都会の通り雨も「しぐれ」と呼ばれています。
※傘持って出た? きょうもありがとうございます。
余白
22日(月)
しばらくは匂いの残る今朝の月
このサイトをはじめたころに購入したプリンターも、
いよいよ取り替え時となったようです。
重なるときは不思議と重なりますね。
しばらくは においののこる けさのつき
季語=月
※最近ではコンビニでPDFデータの出力ができるんですってよ。今度試してみましょ。
※曖昧な感じの月でした。きょうもありがとうございます。
余白
21日(日)
からたちの実の足枷となる夕日
地味にすごいことって、いろいろありそうです。
からたちのみの あしかせとなるゆうひ
季語=枳殻の実
※枝が進化したのか、驚くほど鋭く長いトゲが特徴的です。そのくせ実はピンポン球のようにまん丸で黄色くて可愛らしい。
※香は良いが、苦味と酸味が強すぎて人間の口には合わないそうです。
※そんなカラタチの種は誰がどうやって運ぶのでしょうか。苦味のわかるアクロバティックな鳥類でしょうか? 葉っぱはアゲハの幼虫が好んで食べるそうです。
※オレンジとカラタチを掛け合わせた「オレタチ」という新種があるとか。
※面白い。きょうもありがとうございます。
余白
20日(土)
緩やかににんげんとなる捨案山子
時間的感覚というのは、人それぞれのようで・・・。
ゆるやかに にんげんとなる すてかがし
季語=案山子
※俳句の季語としては、カカシではなく「かがし」が正式なようです。
※カガシは本来、田の神の依代であったといわれています。
※カガシの音は「嗅がし」から来ているとか。「嗅がし」とは、鳥獣が嫌う悪臭のするものを串刺しにして田畑に立てたもの。例えば獣肉や魚の頭、髪の毛などを焼き、農作物を荒らす鳥獣よけにしたといわれています。
※かが(やか)し。きょうもありがとうございます。
余白
19日(金)
世の中はまがまがしくも椿の実
災い転じててんてこ舞いなこの数日、少しばかり寝不足です。
よのなかは まがまがしくも つばきのみ
季語=椿の実
※ツバキは、古代、不老不死の霊木と考えられていました。
※そろそろ完熟する時期です。ひとつの実から3~5個の種が採れます。
※種を絞った油は『椿油』として、食用・灯油・機械油・頭髪用油など幅広く利用されています。
※よよいのよい。きょうもありがとうございます。
余白
18日(木)
丹念に靴を磨いて金木犀
急いでいるときに限って近道とやらを試したくなって、
懲りもせず後悔したりする。
たんねんに くつをみがいて きんもくせい
季語=金木犀
※モクセイの存在に気付くのは、雨あがりの香であることも多いかも。
※大抵は散りはじめてその存在に気付くことが多いかもしれません。
※金木犀、銀木犀、淡い黄色の「淡黄色木犀(ウスギモクセイ)」という園芸種もあるのですね。
※また雨だ。きょうもありがとうございます。
余白
17日(水)
相容れぬ不満の出どこ星月夜
都心では新月であることすら気付かないことが多い。
あいいれぬ ふまんのでどこ ほしづきよ
季語=星月夜
※秋は大気が澄んでいるので、星がよく見える、と言われています。
※今日は雨でしたけどね。きょうもありがとうございます。
余白
16日(火)
手に余ることも承知のさねかずら
青空にもいろいろな青空があるようです。
てにあまることもしょうちの さねかずら
季語=実葛
※植物の名はサネカズラといいますが、俳句では美男葛の名で親しまれています。
※その昔、若枝の樹皮を水に浸して整髪油の代わりにしたことから「美男かずら」と呼ばれるようになったといいます。
※紅く艶やかな実が丸い房となってぶら下がります。実のつきかたが独特です。
※どくとくか。きょうもありがとうございます。
余白
15日(月)
裏腹な大人となりて赤い羽根
募金にもいろいろなカタチや仕組み、組織があるようです。
うらはらな おとなとなりて あかいはね
季語=赤い羽根
※赤い羽根共同募金は毎年10月1日からはじまるそうです。期間は一か月。
※三つ子の魂はいくつまで? きょうもありがとうございます。
余白
14日(日)
あれこれと書き足してゆく萩に雨
萩はもう終わったのかと思っていたら、
図書館に行く途中の路地に
ひっそりと咲いていました。
あれこれと かきたしてゆく はぎにあめ
季語=萩
※ハギという名はその総称で、正確にはいくつかの種類があります。
※例えばヤマハギ、マルバハギなど。庭先でよく見るのはミヤギノハギという品種だとか。
※肌寒い一日。きょうもありがとうございます。
余白
13日(土)
水澄みて役には立たぬものとなり
引き際って、いくつになっても、
むずかしいものなのでしょうね。
みずすみて やくにはたたぬ ものとなり
季語=水澄む
※秋はすべてが澄みわたる季節であるといわれています。
※川の水が澄んできたかのようでした。きょうもありがとうございます。
余白
12日(金)
折り鶴の背を膨らませそぞろ寒
性分なのか、環境なのか。
おりづるの せをふくらませ そぞろざむ
季語=そぞろ寒
※なんとなく寒いと感じる時間が徐々に増えてきましたよね。
※「そぞろ」は、わけもなく、なんとなく、といった意味合いです。
※はたと気付くことがある。きょうもありがとうございます。
余白
11日(木)
惰性で続くキャッチボールと鰯雲
どうでもいいことは、まんまどうでもいいです。
だせいでつづく きゃっちぼーると いわしぐも
季語=鰯雲
※いかにも秋らしいイワシ雲。学名は巻積雲(けんせきうん)というそうです。
※この雲が出るとイワシが大漁なのだとか。雨の前兆であるともいわれています。
※空は? きょうもありがとうございます。
余白
10日(水)
秋の日のジャムの小瓶にかき消され
そういえば、貯金箱いっぱいに小銭をためた記憶がない、かも。
いや、あったか?
あきのひの じゃむのこびんに かきけされ
季語=秋の日
※釣瓶落としともいわれる秋の1日のこと。場合によっては秋の太陽であることも。
※朝の気温が20℃を下回るようになっても、日中の日ざしはまだ衰えていないかのようです。
※寒暖の差に風邪を引きそうです。きょうもありがとうございます。
余白
9日(火)
裏紙にセロハンテープ秋うらら
「いつまでもそのままでいてくださいね。」
素敵な言葉のようで、
呪いの言葉だったりもするような、しないようなぁ、だ。
うらがみに せろはんてーぷ あきうらら
季語=秋うらら
※秋の次は厳しい冬。そんな次の季節を忘れてしまうような、穏やかな秋晴れの日のこと。
※日中は暖かでしたが、夜ともなるとそろそろ足もとの冷えが気になります。
※そんなもの。きょうもありがとうございます。
余白
8日(月)
怪獣の着ぐるみにある秋思かな
世の中に説明できないことは多々あれど、
説明のいらないものなどあるのだろうか。
かいじゅうの きぐるみにある しゅうしかな
季語=秋思
※秋の寂しげな雰囲気に誘われて物思いにふける、ということもあるのでしょうね。
※本格的に秋ですから。きょうもありがとうございます。
余白
7日(日)
吾亦紅評価はいつもあと一歩
マニアックであることと、個性的であることは、
ぜんぜん違うんですけどね。
われもこう ひょうかいつも あといっぽ
季語=吾亦紅
※地味で目立つ花ではありませんが、日本の野に咲く秋の代表的な花です。
※紅というよりむしろ茶色なのではと、毎度のように思います。
※艶やかさも華やかさもない、散ることすらない、だけどバラ科の花なのよ。
※植物学上はバラ科の仲間、と言われても、その外見からとても想像できないね。
※ゆえに「われもまた紅い」吾亦紅とは、洒落た名前ですよね。
※いつごろから吾亦紅と呼ばれるようになったのでしょうかね。
※駅前の花屋さんにありました。きょうもありがとうございます。
余白
6日(土)
にわとりはコーコケコッコ鬼胡桃
誰しも所々で本音は見え隠れしているものらしい。
いちいち気にしていたら、それはそれで辛いので、
いちいちは気にしないけれど。
にわとりは こーこけこっこ おにくるみ
季語=鬼胡桃
※クルミの一種で、日本に自生する種であるらしい。
※話題の『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』に行ってきました。残念ながらこの連休中までなのですが・・・・それが残念。
※鳴き声は夜明けの合図。きょうもありがとうございます。
余白
5日(金)
許しても許しきれない青蜜柑
口調ってむずかしい。
普通のつもりで普通でないなら、
普通じゃないのだろうね。
ゆるしても ゆるしきれない あおみかん
季語=青蜜柑
※ミカンは冬が旬ですが、青ミカンとして秋になると出回りはじめます。
※つい気づかず。きょうもありがとうございます。
余白
4日(木)
秋色のほどほど揺れて楽しかり
「あきいろ」ではなく「しゅうしょく」。
国語辞典にも「あきいろ」ではなく「しゅうしょく」と・・・・。
いまのいままで
俳句だけの特別な読み方だと、思っていましたよ。

しゅうしょくの ほどほどゆれて たのしかり
季語=秋色
※秋色は、秋の景色や秋らしい気配のこと。
※古歌では「秋の色」として紅葉をイメージさせることが多いといいます。
※そうだったんだ。きょうもありがとうございます。
余白
3日(水)
蚯蚓鳴く一事が万事という感じ
厄介ごとからは解放されたいと思うのが、人情だと思うのですが。
みみずなく いちじがばんじというかんじ
季語=蚯蚓鳴く
※昔々、ケラの声をミミズの声と思い違いしていたことが、この季語のはじまりらしい。
※欧米では虫の声は雑音、という話を聞いたことがあります。そうなのですか?
※ミミズに目がないのは、昔に蛇の美しい歌声と交換したからなのだとか。
※いろいろと違うのね。きょうもありがとうございます。
余白
2日(火)
乱れ萩風に乗せざる祈りかな
まれにですが、誤って一部を更新し忘れることがあります。
そんなこともありますので、あしからず。
みだれはぎ かぜにのせざる いのりかな
季語=乱れ萩
※秋の七草のひとつ。初秋に咲き始め、仲秋には散りこぼれます。
※秋の草の代表の如く草冠に秋でハギなのですが、でも本当は「木」なんですけどね。
※近所の美事な白萩はそれは美事に咲きこぼれていました。
※美事なだけに、掃除大変なんだろうなぁ、とか、余計なことも考えてしまいます。
※急いて事を仕損じる、でしたっけ。きょうもありがとうございます。
余白
1日(月)
なにひとつ変わらぬ人や菊白し
図書館でたまたま目にした本を借りてみました。
タイトルから想像したものとは全然違いました。
でも読み出したらつい、読んでしまいました。
なにひとつ かわらぬひとや きくしろし
季語=菊
※菊は秋の代表的な花であり、日本の代表的な花のひとつかと。
※古くは中国から渡来した花なのだそうです。平安のころと考えられています。
※当初は観賞用ではなく、長寿のための薬として重宝されていたようです。
※朔日の月曜日だ。きょうもありがとうございます。
余白
余白
点線 余白
余白
余白
余白
ホームにもどる 上にもどる 余白
余白
(C) tokyoMNEMOSYNE All Rights Reserved.
余白
余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白 余白