俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2017年3月

31日(金)

捨て置けよやがてあたりに花はこべ

捨てる神あらば、
拾ってくれる神も、
いるとかいないとか。

すておけよ やがてあたりに はなはこべ
季語=はこべ
※あんがい上品な、小さな白い花を付ける。
※どこにでも生えるが、春の七草のひとつで若葉を食用します。
※過剰に期待しない。きょうもありがとうございます。

30日(木)

ありふれた切手をもとめ桜まじ

日曜日には満開となるそうだ。
ほんとに風があたたかい。

ありふれた きってをもとめ さくらまじ
季語=桜まじ
※南風または南寄りの風のことを「まじ」といいます。この一語だけなら夏の季語です。
※桜まじはサクラの咲く頃の南からの風。春の季語です。
※漢字は真風で、まじ!? きょうもありがとうございます。

29日(水)

たんぽぽや鼻ふくらませさようなら

まだ少ないなぁ、と、思っていたら。
すでに綿毛になっているものを見つけたよ。

たんぽぽや はなふくらませ さようなら
季語=蒲公英
※世界中で咲いている春の花。
※約ひと月で綿毛に。きょうもありがとうございます。

28日(火)

三月の箱いっぱいの揺らぎかな

今年の旧暦三月のはじまりは今日から。
やっと暖かくなるようだ。

さんがつの はこいっぱいの ゆらぎかな
季語=三月
※3月は春といっても、雨も風も何気に多い。
※年度替わりですね。きょうもありがとうございます。

27日(月)

境遇の似ればたじろぐチューリップ

黄色いチューリップが
咲いていたよ。

きょうぐうの にればたじろぐ ちゅーりっぷ
季語=チューリップ
※日本には江戸末期に渡来したとされています。
※はじめてみた日本人は、どんな感想をもったのでしょうかね。
※いまや多種多様。きょうもありがとうございます。

26日(日)

冷静は多くを含み牡丹の芽

寒に戻ったかのような
静かな一日。

れいせいは おおくをふくみ ぼたんのめ
季語=牡丹の芽
※芽吹きは早いが、開花は4月中旬くらいから。
※その色や形状からよく炎にたとえられます。
※雨音も冷たい。きょうもありがとうございます。

25日(土)

緩やかに忘れな草の目覚めかな

藍色の小花よりも
その名前の方が印象的ですね。

ゆるやかに わすれなぐさの めざめかな
季語=勿忘草
※ヨーロッパ原産のムラサキ科。正式には勿忘草と書きます。
※園芸種は3月ごろから咲きはじめます。
※花束にも。きょうもありがとうございます。

24日(金)

空耳の続きの見ゆる紫木蓮

空にまっすぐ、
大きな花をいっせいにひらく。

そらみみの つづきのみゆる しもくれん
季語=紫木蓮
※ハクモクレンに遅れて咲きます。
※単にモクレンといえば、ムラサキ色の花をさす。
※壮観なもの。きょうもありがとうございます。

23日(木)

合点して急にさみしく猫柳

華やかだけど、
花には見えない花。

がてんして きゅうにさみしく ねこやなぎ
季語=猫柳
※見た目はぜんぜん異なりますが、ヤナギの一種。
※猫の毛のような銀色の花穂(かすい)が目を引きます。
※陽光にきらきら。きょうもありがとうございます。

22日(水)

偶然の告白めいてクロッカス

アンバランスで、ちょっとばかり
神経質そうにもみえる。

ぐうぜんの こくはくめいて くろっかす
季語=クロッカス
※短い茎に優勝カップのような花。春咲きと秋咲きがあります。
※春をクロッカス(ラテン語)と呼び、秋はサフラン(オランダ語)と呼びます。
※日当りのよい場所に咲く。きょうもありがとうございます。

21日(火)

思い付くままに三椏花となる

遠目には小さな蜂の巣が
無数にぶら下がっているかのよう。

おもいつくままに みつまた はなとなる
季語=三椏の花
※それぞれの枝先に黄色い花が丸く群れて咲きます。
※枝先がすべて、必ず三つに分かれています。
※識別しやすい花木です。きょうもありがとうございます。

20日(月)

未練より未練は生まれヒヤシンス

群がり咲く、ひとつひとつを見れば、
小さなユリの花のよう。

みれんより みれんはうまれ ひやしんす
季語=ヒヤシンス
※もとはギリシャ地方の野生種で、青紫色の花は原種に近い。
※園芸種は黄、白、ピンクなどカラフルで、香りも良い。
※春分の日ですね。きょうもありがとうございます。

19日(日)

尻たたき迷うことなく桃の花

街中で見るものは、
花を愛でるための花モモ。

しりたたき まようことなく もものはな
季語=桃の花
※時期としてはウメ→モモ→サクラの順番で咲きます。
※実際は混在していますけどね。
※花モモの花色は、いわゆる桃色から白、紅、絞りまである。
※たぶん、モモ。きょうもありがとうございます。

18日(土)

まざまざと揺れてもつれず雪柳

「えくぼ花」とも呼ぶそうだ。
でも、たぶん、通じない。

まざまざと ゆれてもつれず ゆきやなぎ
季語=雪柳
※庭や公園など観賞用の花木として広く親しまれています。
※細くしなやかな枝に、たくさんの白い小花が、それこそ降り積もる雪のような美しく咲く。
※小米花、小米桜とも。きょうもありがとうございます。

17日(金)

窮屈な彼岸桜や水くさし

暑さ寒さも彼岸まで。
毎年この言葉に、
感心するというかなんというか、
じつに見事と思います。

きゅうくつな ひがんざくらや みずくさし
季語=彼岸桜
※彼岸の頃に咲くからヒガンザクラ。淡いピンクの花色をしています。
※少し前から咲いている濃いピンクのサクラは、カンヒザクラ(寒緋桜)という種類。名前からしてまぎらわしい。
※彼岸入り。きょうもありがとうございます。

16日(木)

欠伸より鶯の声調いぬ

窓を開けたら
ウグイスの初音が
聞こえてきました。

あくびより うぐいすのこえ ととのいぬ
季語=鶯
※はじめて聞くホーホケッキョの声が、初音(はつね)。
※東京ではだいたいこの時期。早いところでは2月頃から。
※別名は春告鳥。きょうもありがとうございます。

15日(水)

菜種梅雨忘れまじとて爪を噛む

「大恩は忘れる」、
たしかに、そんなものだと思う。

なたねづゆ わすれまじとて つめをかむ
季語=菜種梅雨
※菜の花の咲く頃の、長雨、やさしい雨、恵みの雨。
※でも寒かったですね。きょうもありがとうございます。

14日(火)

白旗は大きく降れよなずな咲く

ぺんぺん草のこと。
薺だけでは新年の季語。

しろはたは おおきくふれよ なずなさく
季語=薺の花
※小さな白い花が茎の頂で密集するように咲きます。
※荒れ地にも群生するから、貧乏草ともいうそうだ。
※見かけるようになった。きょうもありがとうございます。

13日(月)

「信じる」は容易くはなし土佐水木

咲きはじめは
特撮映画の何かみたい。

しんじるは たやすくはなし とさみずき
季語=土佐水木
※書いて字のごとく、土佐(高知県)にだけ自生するマンサク科の落葉低木。でも、ミズキの仲間ではないのよ。
※ひとつのつぼみから、7つ、8つと黄色い花が束となって突如としてあらわれます。
※庭木や街路樹、公園などに植えられています。
※シベは赤い。きょうもありがとうございます。

12日(日)

青空を駆け出す如くさんしゅゆ

「さんしゅゆ」、
平仮名にするとなんか妙だね。

あおぞらを かけだすごとく さんしゅゆ
季語=山茱萸
※満開になると木全体が黄色く見える。
※別名を春黄金花(はるこがねばは)といいます。
※咲きはじめ。きょうもありがとうございます。

11日(土)

春の日の机の上を転がりぬ

空論より空想かな。

はるのひの つくえのうえを ころがりぬ
季語=春の日
※春の日差しもいえば、春の一日をいうことも。
※きょうもありがとうございます。

10日(金)

人生の斜め後ろにシクラメン

ふつうに見えるけれど、
まあふつうじゃない。

じんせいの ななめうしろに しくらめん
季語=シクラメン
※上向きの花のようで、じつは花弁が反りかえっています。
※紅色の花はまるで炎のようで、篝火草とも呼ばれます。
※白もピンクも八重もある。きょうもありがとうございます。

9日(木)

右の手のつめたさ残る薄紅梅

今日は「ありがとうの日」
なのだそうだ。

みぎのての つめたさのこる うすこうばい
季語=薄紅梅
※紅梅は白梅よりも開花が若干遅いと言われています。
※薄紅梅は艶やかだけど静かな花だと思います。
※39(サンキュー)なのだ。きょうもありがとうございます。

8日(水)

方便の即ち暗し春の雪

くじ引きみたいなもの、
かもしれない。

ほうべんの すなわちくらし はるのゆき
季語=春の雪
※はらはらとすぐに消えてしまう淡い雪。
※空が明るいときもあれば、暗いときもある。
※大きくて重みのある牡丹雪も春の雪。温かいときの雪。
※当たり外れがある。きょうもありがとうございます。

7日(火)

欲すれば緩みにまかせ冴え返る

ぱらぱらと雪が舞ったよ。

ほっすれば ゆるみにまかせ さえかえる
季語=冴え返る
※春を感じはじめたころに、また寒さが戻ること。
※冬より寒いかも。きょうもありがとうございます。

6日(月)

あんパンのへそ真っ直ぐに白木蓮

一斉に咲き、ともすれば
すぐに黄ばんでしまう。

あんぱんの へそまっすぐに はくもくれん
季語=白木蓮
※モクレンの一種で白い花を付けます。
※紫木蓮(しもくれん)の木より背が高く、開花も早い。
※モクレンの仲間は、地球上で最も古い花木なのだとか。
※彼岸桜も咲きはじめた。きょうもありがとうございます。

5日(日)

暮らしぶり馴染めば甘く沈丁花

つぼみは赤く、開けば白い花。

くらしぶり なじめばあまく じんちょうげ
季語=沈丁花
※主に香りを楽しむ花で、遠くからでもよく匂います。
※星型の小さな花が毬のように密集し、可愛らしく咲きます。
※ぽつぽつ咲きはじめたよ。きょうもありがとうございます。

4日(土)

漫然と偏りやすく諸葛菜

かたすみに
咲きはじめました。

まんぜんと かたよりやすく しょかつさい
季語=諸葛菜
※紫色の十字の花。どこかスミレに似た花です。
※名前は三国志の英雄・諸葛孔明に由来します。
※3月ごろに咲きはじめ、いたるところで群生します。
※やや雑草かも。きょうもありがとうございます。

3日(金)

平日は平日として雛の日

言われていみれば。
端午の節句は祝日で、
桃の節句は平日ですよね。

へいじつは へいじつとして ひいなのひ
季語=雛の日
※3月3日は雛祭り。旧暦なら桃の花の盛りのころです。
※雛祭りには桃の花。きょうもありがとうございます。

2日(木)

隙あらば春雨のごと忘れけり

思いのほか
空が暗くなることも。

すきあらば はるさめのごと わすれけり
季語=春雨
※春雨は古くから、しっとりとした雨、やさしい雨、やわらかな雨、そんなイメージ。
※恵みの雨というもの。きょうもありがとうございます。

1日(水)

たしなめてざらつく舌よ落椿

ツバキの場合は、
散るではなく、落ちる。

たしなめて ざらつくしたよ おちつばき
季語=落椿
※寒い時期から咲いていますが、花の盛りは3月です。
※花期がかなり長く、散るときは花ごとぽとりと落ちます。
※独特な花。きょうもありがとうございます。