俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2017年7月

31日(月)

おさなさをくずすおさなさ日日草

次々と晩秋まで咲き続けます。

おさなさを くずすおさなさ にちにちそう
季語=日日草
※ほぼ毎日咲くのでこの名があります。
※暑さに強くこの時期の花壇に重宝されています。
※原産は西インド。きょうもありがとうございます。

30日(日)

涼しさをひとりよがりの楽しさに

たとえば、
スーパーマーケットの生鮮食品売り場。
半袖だとかなりの涼しさだ。
買い出しの付き合い程度、長時間はいられない。

すずしさを ひとりよがりの たのしさに
季語=涼し
※本意は、夏の暑さのなかに感じる涼しさ。
※木陰や水辺、朝夕の涼しさなどに、かえって感動する。
※8月はどんだけ暑い? きょうもありがとうございます。

29日(土)

ひまわりの大きな顔を蓋として

意志の強そうな、
ガンコそうな、そんな顔。

ひまわりの おおきなかおを ふたとして
季語=ひまわり
※原産は南米でなく、北米です。キク科の花。ちょっと意外。
※人間に例えれば。きょうもありがとうございます。

28日(金)

注釈を付けて大暑や気ままなり

1年を通して、もっとも暑い時期
といわれています。

ちゅうしゃくを つけてたいしょうや きままなり
季語=大暑
※7月23、24日ごろから立秋までの15日間をいいます。
※とはいえ、8月・9月もとても暑い。とても暑いので、極暑(ごくしょ)という別の言い方もあります。
※極暑の上が必要かも? きょうもありがとうございます。

27日(木)

立ち入りて立ち入らざれば蝉しぐれ

同じことを何度も聞いて、
同じことを何度も話している、
そんな気がしました。

たちいりて たちいらざれば せみしぐれ
季語=蝉しぐれ
※梅雨が明けると種をとわず、セミが一斉に泣き出します。
※まるで空から降るかのように、重なり合ったセミの声を蝉時雨といいます。
※突然、降る。きょうもありがとうございます。

26日(水)

人のよさ青唐辛子添え物に

たまに激辛に当たることも。
運がいいのか、悪いのか。

ひとのよさ あおとうがらし そえものに
季語=青唐辛子
※まだ熟す前の唐辛子のこと。
※煮ものや炒めものなどにします。
※青と言っても緑。きょうもありがとうございます。

25日(火)

わけ合いてひとまず土用うなぎかな

今どきのレトルトは、
ちょっとバカにできないかもね。

わけあいてひとまず どよううなぎかな
季語=土用鰻
※7月20日からの18日間、もっとも暑い立秋までの期間を土用といいます。
※この時期にウナギを食べるのは、夏負けしないように。
※万葉集にも「夏痩せにはウナギだよ」という歌があるくらい歴史がある。第16巻3853「痩せたる人を笑ふ二首」というもの。
※本当は四季それぞれに土用があります。残念ながら慣習として残っているのは夏の土用だけ。
※土用しじみというのもある。きょうもありがとうございます。

24日(月)

ひそやかに青葉闇より脈を打つ

30℃を切っただけで
涼しく感じるなんって。。。

ひそやかに あおばやみより みゃくをうつ
季語=青葉闇
※うっそうと茂る木々。その下は昼でも暗い。
※主季語は木下闇(このしたやみ/こしたやみ)です。
※慣れって、すごいわ。きょうもありがとうございます。

23日(日)

もごもごと口を動かすさるすべり

枝先に集まる小さい花が
落ちては付けてと咲き継ぎます。

もごもごと くちをうごかす さるすべり
季語=さるすべり
※百日紅と書く。その名の通りに花期の長い花です。
※江戸時代に中国から渡来しました。縁起のよい花として広く親しまれています。
※蝉も鳴きはじめましたね。きょうもありがとうございます。

22日(土)

いい子ぶる妙な役目も熱帯夜

いつか、30℃を下回らない
「超熱帯夜」が来るのだろうかね。

いいこぶる みょうなやくめも ねったいや
季語=熱帯夜
※夜になっても25℃以上の気温があることをいいます。
※冷房は使うべきだね。きょうもありがとうございます。

21日(金)

めいっぱい思い思いに片かげり

知らず「片陰」を
選んで歩いているもの。

めいっぱい おもいおもいに かたかげり
季語=片かげり
※主季語は片陰(かたかげ)。
※暑い日に建物などの陰が片側だけに濃くできること。
※くっきりした影。きょうもありがとうございます。

20日(木)

梅雨明けて三日サボれば三日分

昔からカミナリが鳴り響くと
梅雨が明けるといわれています。

つゆあけて みっかさぼれば みっかぶん
季語=梅雨明
※2日前だっけ、カミナリがひどく鳴っていましたね。
※このまま暑いまま? きょうもありがとうございます。

19日(水)

同情やふいに包まれ花ユッカ

できれば
群生していてほしい
花です。

どうじょうや ふいにつつまれ はなゆっか
季語=ユッカ
※北アメリカ原産の常緑低木。公園などでみる。
※吊り鐘型の白い花で、芳香がある。
※花期は非常に長く、初夏から初冬まで花を咲かせる。
※君が代蘭という別名あり。きょうもありがとうございます。

18日(火)

駆け出して少し浮かれし驟雨かな

あと少し遅かったら、
ずぶ濡れになっていたかも。

かけだして すこしうかれし しゅううかな
季語=驟雨
※夕立のこと。雷をともなうことがおおい。
※大粒の急激な雨も、短時間でうそみたいに晴れる。
※予兆はあるよね。きょうもありがとうございます。

17日(月)

大西日腹立たしさもひと通り

濃い飴色は、
ときにキレイと、
思うけれどね。

おおにしび はらただしさも ひととおり
季語=大西日
※暑苦しいのひとことだ。きょうもありがとうございます。

16日(日)

哀れみを暗闇として扇風機

オン・オフのスイッチくらい
明らかに出っ張っていないと。
真っ暗では、まあ、不便!

あわれみを くらやみとして せんぷうき
季語=扇風機
※熱帯夜が続きます。きょうもありがとうございます。

15日(土)

後悔のちぎれしときに水を打つ

世界的な異常気象だってさ。。。

こうかいの ちぎれしときに みずをうつ
季語=水を打つ
※庭や道路に水をまくこと。主季語は、打水(うちみず)。
※涼をとるためだったり、乾燥によるほこりを抑えるためだったり、草木のためだったり。
※ひいては客を迎えるための、おもてなしだったりもする。
※連鎖するもの。きょうもありがとうございます。

14日(金)

日盛りや回りくどさもその一つ

迷子になったら最悪かも。

ひざかりや まわりくどさも そのひとつ
季語=日盛り
※1日のなかでもっとも暑い時間帯のこと。
※昼どきから午後2時、3時が一番のピークでしょうか。
※それでも楽しめたら最強だ。きょうもありがとうございます。

13日(木)

今まさに思い出しては雲の峰

まるで白い山のようにも、みえるけど。

いままさに おもいだしては くものみね
季語=雲の峰
※いわゆる積乱雲のこと。入道雲ともいいます。
※この雲が通過する際は、雨や雷をともないます。
※それがまた夏らしく。きょうもありがとうございます

12日(水)

草いきれ不機嫌すらもあからさま

あちこちに、建築ラッシュ?

くさいきれ ふきげんすらも あからさま
季語=草いきれ
※夏の強い日ざしにさらされて、草むらのむせるような熱気。
※梅雨も明けそうだ。きょうもありがとうございます。

11日(火)

こだわりのなさを示して茹小豆

缶詰になったら
季節なんて関係ないけどね。

こだわりの なさをしめして ゆであずき
季語=茹小豆
※茹でただけでなく砂糖を加えたものが、ゆであずき。
※昔は夏の甘味でした。だから今も夏の季語。
※少しの塩が味の決めて。きょうもありがとうございます。

10日(月)

たたずんで麦わら帽子水平に

気にしない人は、気にしない。

たたずんで むぎわらぼうし すいへいに
季語=麦わら帽子
※麦の茎で編んだ夏用の帽子です。
※そんなこと。きょうもありがとうございます。

9日(日)

とり澄ます今日も同じく古団扇

気取っているのは、
ウチワの中の絵ですよ。

とりすます きょうもおなじく ふるうちわ
季語=古団扇
※外出用が扇子なら、家の中で使うのが団扇です。
※わりと物持ちがいいの。きょうもありがとうございます。

8日(土)

まっすぐに火をくべるよに梅雨夕焼

満月もきれいな夜でした。

まっすぐに ひをくべるよに つゆゆやけ
季語=梅雨夕焼
※梅雨時の夕焼けのこと。俳句では「ゆやけ」とも読む。
※夕焼けだけで夏の季語ですが、梅雨時も意外にキレイです。
※満月は明日でした。きょうもありがとうございます。

7日(金)

表とも裏ともつかず七夕や

新暦でいえば今日、
月遅れで祝うところも多い。

おもてとも うらともつかず たなばたや
季語=七夕
※短冊に願いを。きょうもありがとうございます。

6日(木)

山ほどの願いを込めて草茂る

じつに簡単に、
刈りとられてはしまいますが‥‥。

やまほどの ねがいをこめて くさしげる
季語=草茂る
※木々の場合は「茂り」ひと言で季語です。
※草の場合は草を頭に付ける必要があります。
※明日は、七夕ですね。きょうもありがとうございます。

5日(水)

夕立に歩調合わせしそれとなく

やはり1時間もしないうちに止んだ。
タイミングが悪かったみたい。

ゆうだちに ほちょうあわせし それとなく
季語=夕立
※降りはじめは小粒で、見る間にざあっと大粒の雨になる。
※夕方に降るから夕立。きょうもありがとうございます。

4日(火)

おののいてのうぜんかずら緩やかに

つる性植物で、
あらゆるものに絡みつきます。

おののいて のうぜんかずら ゆるやかに
季語=のうぜんかずら
※オレンジ色のやや大型の花を咲かせます。
※何にでもよじ登り、高いものでは十数メートルになる。
※まだ低位置。きょうもありがとうございます。

3日(月)

わざわいはいつかの嫉み梅雨の蝶

大きくも、小さくも、
「因果応報」って、
あると思うのよね。

わざわいは いつかのそねみ つゆのちょう
季語=梅雨の蝶
※春の蝶と夏の蝶はおおむね種類が違います。
※その中間にいるのが梅雨の蝶です。
※重たげに飛ぶイメージ。きょうもありがとうございます。

2日(日)

ゆらゆらとふつうの暮らし夏の月

誰かと比べなければ、
ふつうだよ。

ゆらゆらと ふつうのくらし なつのつき
季語=夏の月
※夏の月というより梅雨の間の月だったかもしれないね。
※都知事選の日。きょうもありがとうございます。

1日(土)

一日のずれをまたいで七月に

「今日の俳句」、本日より11年目となりました!
日をまたぐことが多いですが、
まじめに毎日更新しています。
今後ともどうぞごひいきに。

いちにちの ずれをまたいで しちがつに
季語=七月
※半分が梅雨で、半分が盛夏となる月です。
※また次の10年ですかね。きょうもありがとうございます。