俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2018年6月

30日(土)

お互いに舌を出し合う炎暑かな

1時間ほどの運動で汗だく。絞れるほど。
このまま8月になったら、どうなっちゃうんだろう?

おたがいに したをだしあう えんしょかな
季語=炎暑
※「炎熱(えんねつ)」という季語もある。とにかく暑いということ。
※お気を付けて。きょうもありがとうございます。

29日(金)

たましいの渇くついでの水あたり

水を買う時代だ。
「水あたり」どころか、「生水」という言葉も
めっきり聞かなくなった、かも。

たましいの かわくついでの みずあたり
季語=水あたり
※水の飲みすぎなど、水が原因で腹を下すこと。
※漢字で書くと「水中(り)」だ。難解語のひとつだろう。
※なんと梅雨明け! きょうもありがとうございます。

28日(木)

晴れ晴れと夏の雲なり数多なり

夏空に浮かぶなら、
至ってふつうの雲も夏の雲。

はればれと なつのくもなり あまたなり
季語=夏の雲
※夏の雲は白さが際立つため、時間帯によって趣が大分違う。
※朝日の中の雲、青空に浮かぶ雲、夕焼けに染まる雲。
※朝は少々曇りがち。きょうもありがとうございます。

27日(木)

つぎつぎに咲いて緩めの立葵

立葵の一番上の花が咲くと、
梅雨もそろそろ終わりなんだとか。

つぎつぎにさいて ゆるめの たちあおい
季語=立葵
※真っ直ぐに伸びる茎は2mほどになる。
※茎の上半分に大型の花をいくつも付けます。
※梅雨明けた? きょうもありがとうございます。

26日(火)

立ち上がり座り直して捻り花

気持ちよく刈り込まれた芝生など、
こんなところにというところに、
ひょこりと咲いていたりします。

たちあがり すわりなおして ひねりばな
季語=ひねりばな
※正式にはネジバナといいます。
※ラン科の小さな花で、梅雨のころによく見かける。
※文字通りネジのよう。きょうもありがとうございます。

25日(月)

炎昼に足の短き影となる

ま、本人とて、べつだん、
足が長いわけじゃないけどね。
ほっといて。

えんちゅうに あしのみじかき かげとなる
季語=炎昼
※真夏の暑い昼。まるで空が燃えているようだという。
※ギラギラ太陽。きょうもありがとうございます。

※昨日の句、どうにも気になったので、「錆びつく」を「錆びゆく」に直しました。あしからず。

24日(日)

ぼんやりと錆びゆくときの暑さかな

暑くなると水の消費が
急にはやくなる。

ぼんやりと さびゆくときの あつさかな
季語=暑さ
※蒸し暑い。きょうもありがとうございます。

23日(土)

大いなる水たまりこそ梅雨の月

近道のような、そうでもないような道。
道幅いっぱいの水たまり。

おおいなる みずたまりこそ つゆのつき
季語=梅雨の月
※いかにも雨上がりらしい月もあれば、晴れやかなときもある。
※雲に翳る。きょうもありがとうございます。

22日(金)

欲のないまぶしさのあり今年竹

明るい緑色をしているので、
すぐにわかります。

よくのない まぶしさのあり ことしだけ
季語=今年竹
※若竹のこと。竹の成長は驚くほど早い。
※梅雨晴れの日。きょうもありがとうございます。

21日(木)

見返りを容易く求めちょうど夏至

今日は、一年の中で
もっとも昼の長い日。

みかえりを たやすくもとめ ちょうどげし
季語=夏至
※二十四節気の一つで、北極では夜がなく、南極では昼がない。
※一日中曇り空だったけど。きょうもありがとうございます。

20日(水)

躍り出て雨に短し蚯蚓かな

なぜ雨の日にミミズが?、
という、長年の疑問を検索してみた。
諸説あり、つまりは謎の行動、
ということが、わかったよ。

おどりでて あめにみじかし みみずかな
季語=蚯蚓
※よく見るミミズはシマミミズというものらしい。
※さっそく目についた。きょうもありがとうございます。

19日(火)

連なりて何でもない日の枇杷小粒

店先には、6月いっぱいは並ぶそうだ。

つらなりて なんでもないひの びわこつぶ
季語=枇杷
※梅雨時に実る。街中のビワも鈴なりに実をつけている。
※夏にしか見ない果実。きょうもありがとうございます。

18日(月)

飽き足らず黴ゆく如く眠りたし

黴の香、確かにあるような気がします。

あきたらず かびゆくごとく ねむりたし
季語=黴
※カビは菌類。キノコとならいものを総じてカビという。
※アオカビ、クロカビ。きょうもありがとうございます。

17日(日)

怠りて先の知れたる梅雨の闇

観葉植物のモンステラが、
なんだか枯れてしまいそう。

おこたりて さきのしれたる つゆのやみ
季語=梅雨闇
※梅雨時は厚い雲に覆われ昼間でも暗い。
※ぐったり。きょうもありがとうございます。

16日(土)

成り行きか意志あるものか五月雨

農作物にとっては、恵みの雨。
有難くとも面倒なもの。

なりゆきか いしあるものか さつきあめ
季語=五月雨
※「さつきあめ」または「さみだれ」と読みます。
※梅雨時の長雨のことで、仕事などでよく使われる「さみだれ式」の語源です。
※今日は旧暦五月三日。きょうもありがとうございます。

15日(金)

梅雨冷のこの気だるさももつれ合い

ビニール傘のビニール同士がひっついて、
簡単に開いてくれないときの残念な気持ち。

つゆびえの このけだるさも もつれあい
季語=梅雨冷
※梅雨時の思いがけない寒さをいう。
※梅雨疲れにご注意を。きょうもありがとうございます。

14日(木)

沙羅の花使い捨てにて美しく

毎日咲いて、毎日落花する。

しゃらのはな つかいすてにて うつくしく
季語=沙羅の花
※みずみずしい感じの白色一重の一日花。
※仏教にまつわるインド産の沙羅双樹とは別もの。似ているからか、間違ったかで付けられた名前。
※ので、正式には夏椿という。きょうもありがとうございます。

13日(水)

くつくつとかさぶたかゆし額の花

こそばゆい感じが、
似ているのかも?

くつくつと かさぶたかゆし がくのはな
季語=額の花
※ガクアジサイとも言い、アジサイの原種のひとつ。
※毬のようにはならず、その縁だけを装飾花が彩る。
※園芸種も多い。きょうもありがとうございます。

12日(火)

くちなしの花こくりこくりと日に染まる

夕方、いきなりの土砂降りに
おどろいたのなの。

くちなしのはな こくりこくりと ひにそまる
季語=梔子の花
※大きな純白色の花で、枝先に一つだけ花をつける。
※白い花は次第に黄色みを帯びてくる。最後には錆色に。
※かぐわしい花。きょうもありがとうございます。

11日(月)

竹煮草雨に打たれて面倒に

白い花のように見え、
そのじつ花びらがない。

たけにぐさ あめにうたれて めんどうに
季語=竹煮草
※空き地などあらゆる荒れ地に現れるケシ科の多年草。
※竹細工を作る際、一緒に煮ると竹がやわらかくなるとか。
※竹のようにまっすぐ伸び、最大で2メートル。葉も大きい。
※つぼみが白い。きょうもありがとうございます。

10日(日)

幸せを願いてまるくかたつむり

ナメクジでは、
どうしたって嫌われる。

しあわせを ねがいてまるく かたつむり
季語=蝸牛
※ユーモラスな殻を持った軟体動物(ヌメヌメと伸びたり縮んだりは、ナメクジと同じだけどね)。
※梅雨どきに多い。きょうもありがとうございます。

9日(土)

明日よりは紫陽花日和なりにけり

東京での開花時期は、
例年、梅雨入りとほぼ一致しているそうです。
今年は少し開花の方が早かったかもしれない。

あすよりは あじさいびより なりにけり
季語=紫陽花
※梅雨時に咲く。真夏日よりも雨や曇りの似合う花。
※七変化とも呼ばれ、咲きはじめの白から徐々に色が変る。
※しばらく雨の予報。きょうもありがとうございます。

8日(金)

よく炊けて筍飯の夜も更けて

使っていたのは、
水煮のタケノコだけどね。

よくたけて たけのこめしの よもふけて
季語=筍飯
※いま一番流通しているのは、中国原産の孟宗竹(もうそうちく)というもの。
※早いものは3月中旬から市場に出回るが、季語としては初夏。
※古くから食用とされ、「古事記」にも登場するとか。古くは「たこうな」または「たかんな」と呼んだ。
※明日もだな。きょうもありがとうございます。

7日(木)

梅雨晴れやどうしたものか腹のへる

今年の梅雨は、カッーと晴れて、
ときどきドカッーと雨が降る感じらしい。

つゆばれや どうしたものか はらのへる
季語=梅雨晴
※梅雨の合間の晴天のこと。
※さっそくの洗濯日和。きょうもありがとうございます。

6日(水)

夏の目覚まし力いっぱい叩かれる

寝不足の日、
目覚まし時計を止める手に
つい力が‥‥。

なつのめざまし ちからいっぱい たたかれる
季語=夏
※梅雨入りしたの? きょうもありがとうございます。

5日(火)

平日の後ろめたさやほととぎす

あまりに休みなく鳴くので、
最初、録音かと思った。

へいじつの うしろめたさや ほととぎす
季語=ほととぎす
※鋭くとか、気迫のこもったなどと表現されますが、実際はそんなに激しい鳴き方だとは思わない。
※やたらと当て字の多い鳥でもある。例えば「時鳥」「子規」「不如帰」「杜鵑」など、すべてホトトギス。
※夏を告げる鳥。きょうもありがとうございます。

4日(月)

思い出も白くなりおりえごの花

花のかたちのまま、ことりと散る。

おもいでも しろくなりおり えごのはな
季語=えごの花
※星型の白い花が無数に咲く。
※花柄が長く、必然的に花は下向きになる。
※基本は山の木。きょうもありがとうございます。

3日(日)

あっさりと実の引き締まる桜かな

熟すとレーズンのような色になります。

あっさりと みのひきしまる さくらかな
季語=桜の実
※サクラの花のあとに、小さな赤い実をつけます。
※食用(サクランボ)ではない、花を愛でるためのサクラの実は豆粒ほど。
※地味に実る。きょうもありがとうございます。

2日(土)

のびのびと真っ当なほど日の盛り

木洩れ日が心地いい。

のびのびと まっとうなほど ひのさかり
季語=日の盛
※夏の日のもっとも日差しの強い時間帯のこと。
※正午から午後2、3時あたりをさす。
※白い雲。きょうもありがとうございます。

1日(金)

一切を笑い飛ばして夾竹桃

真夏の日差しどころか、
大気汚染にも負けない丈夫な花木
として知られています。

いっさいを わらいとばして きょうちくとう
季語=夾竹桃
※葉は竹に、花は桃に似ていることから、この名がある。
※一般的には淡い紅色系だが、園芸種には白も黄色も。
※そして、長く咲く。きょうもありがとうございます。