• 俳句ストック(シヲクム)

今日の俳句、こうのこうき

2019年10月

17日(木)

戸惑いは忘れてまたも冬支度

「そろそろ、こたつ?」
なんて話題も‥‥。

とまどいは わすれてまたも ふゆじたく
季語=冬支度
※冬を意識していろいろと用意すること。
※油断すると風邪ひきそう。きょうもありがとうございます。

16日(水)

そつなさに悲しくなりぬ夜寒かな

夜の寒さを感じること。
朝であれば、朝寒。

そつなさに かなしくなりぬ よさむかな
季語=夜寒
※寒さにも個人差。きょうもありがとうございます。

15日(火)

金木犀ほどよく生きりゃすれ違う

秋を感じる
代表的な花であり、香り。

きんもくせい ほどよくいきりゃ すれちがう
季語=金木犀
※オレンジ色の花がキンモクセイ。白い花がギンモクセイ。ギンモクセイよりキンモクセイの方がよく香る。そして一般的。
※咲いたね。きょうもありがとうございます。

14日(月)

ぼんやりと空の流れし体育の日

もともとは、10月10日。
1964年の東京オリンピックの
開会の日にちなんで制定された国民の休日。

ぼんやりと そらのながれし たいいくのひ
季語=体育の日
※2000年より現在の10月の第二月曜日となった。
※やっぱり雨の休日。きょうもありがとうございます。

13日(日)

買い溜めし水を満たして後の月

旧暦九月十三日の月のこと。
その昔は八月の十五夜と
同じように愛でた。
(月見が二回あった)

かいだめし みずをみたして のちのつき
季語=後の月
※満月に少し足りない月。旧暦八月十五日の「名月」を受けての呼び名。今年は2日前の11日がそれでした。
※明日は満月。きょうもありがとうございます。

12日(土)

凄まじき雨音止めば虫の声

超巨大台風が去ったら、
さっそく聞こえてきた。

すさまじき あまおとやめば むしのこえ
季語=虫の声
※コオロギなど秋に鳴く虫のこと。きょうもありがとうございます。

11日(金)

台風の過ぎ行くまでの時間かな

停電もあるかも‥‥!?

たいふうの すぎゆくまでの じかんかな
季語=台風
※心配ですね。きょうもありがとうございます。

10日(木)

秋日和大切なこと言いよどみ

風もなく穏やかで、
過ごしやすい秋晴れの日こと。

あきびより たいせつなこと いいよどみ
季語=秋日和
※週末はまたも大型台風直撃!? きょうもありがとうございます。

9日(水)

末枯れて楽しきことを好みけり

「すえがれ」ではなく「うらがれ」。
意味は草木の葉先から色づき、
枯れはじめること。

うらがれて たのしきことを このみけり
季語=末枯れ
※いまだに読み間違うのよ。きょうもありがとうございます。

8日(火)

新米の出回りはじめ増えはじめ

早いものは、
8月から市場に出回りますが、
10月が一番新米というシールを
目にする時期なんでしょうね。

しんまいの でまわりはじめ ふえはじめ
季語=新米
※今年とれた米のこと。きょうもありがとうございます。

7日(月)

ゆっくりとかしずくごとく秋の雨

秋の雨は複雑だ。
爽やかだったり、寂しかったり、
肌寒かったり、いろいろ。

ゆっくりと かしずくごとく あきのあめ
季語=秋の雨
※秋に降る雨全般のこと。きょうもありがとうございます。

6日(日)

秋深む阿ることも生きること

阿呆の阿と書いて、
「阿(おもね)る」と読みます。
常用漢字ではないので、読めなくても大丈夫!

あきふかむ おもねることも いきること
季語=秋深む
※秋が日に日に深まる感じをとらえた季語。主題は「秋深し」、その動詞が「秋深む」。
※孤高なんて、非現実。きょうもありがとうございます。

5日(土)

白萩に足並みそろえ迷いけり

ハギの花は、秋の七草のひとつ。
今どきは、一般に広く知られる花とは、
言えないのかもしれない。

しろはぎに あしなみそろえ まよいけり
季語=白萩
※よくしなる長い枝に紫色や白い小花をたくさん付けます。
※万葉のころから親しまれる花。ハギを題材にした歌も多い。
※世代によるが。きょうもありがとうございます。

4日(金)

小さな蝶よりも小さな秋の蝶

中には越冬する蝶もいる。
つまりは、秋に飛んでいれば秋の蝶。

ちいさなちょうよりも ちいさな あきのちょう
季語=秋の蝶
※夏の蝶と言えばアゲハ。あれほどの大型の蝶はさすがにもう見ない。
※まだ元気に飛んでいたよ。きょうもありがとうございます。

3日(木)

ちらほらとあきれ顔なり天高し

気温は真夏。風は秋。
葉っぱの色も変わりはじめた。

ちらほらと あきれがおなり てんたかし
季語=天高し
※秋は空気が澄みはじめるため、空が高く感じる。
※落葉もちょこちょこ。きょうもありがとうございます。

2日(水)

大人しく泣いて明るく蛍草

小さな青い2つの花弁に
黄色いおしべ。
変った形と色合いから
別名が多い。

おとなしく ないてあかるく ほたるぐさ
季語=蛍草
※露草(つゆくさ)のこと。この名前で知られている。その他、月草、帽子草、藍花など。
※夜明けともに咲き、朝露の残っている間だけ咲くと言われています。
※実際は午後まで咲いている。きょうもありがとうございます。

1日(火)

十月や古びゆくものまたも増え

例年なら衣更えの時期
なんですけどね。
消費税は変ったけれど。

じゅうがつや ふるびゆくもの またもふえ
季語=十月
※10月といえば、金木犀かな。きょうもありがとうございます。

l>